MENU

スクスクが大切にしていること

代表 小柳和久

はじめまして。スクールオブスクールズの小柳と申します。
ここ世田谷区北沢に脳力開発教室を開いて二十数年が経ちました。
これまで教室の子どもたちと楽しく学ぶことができたのも、みなさまのご理解の賜と感謝いたしております。

必要なのは「脳で感じる」学習

さて、みなさまはご自分のお子さんが「どうも集中して勉強ができない」「いやいや勉強させられているようだ」「勉強している様子なのに成果が出てこない」といったことでお悩みではないでしょうか。

現代の子どもたちには、学習すべき材料が膨大に与えられています。彼らはそれらを消化しきれないまま、次々とシャワーのように新しい情報を浴び続けているため、表面的な学習に終わっているように思えます。本当の意味での学習、つまり「脳で感じる」前に学習が終わってしまっているのです。

勉強も「構え」を身につけることから

「脳で感じる」学習とは、五感や好奇心をフルに活用して学ぶことです。そうすれば、記憶は強く、考える力は深くなります。そのためには、どんな教科を学ぶためにも必要な「構え」を身につけることが大切です。スポーツをするときにも準備運動をして「構え」を学ぶはずです。それを怠ると思うように身体が動かせませんし、ケガをすることもあります。

学習もまったく同じです。がむしゃらに知識を詰め込んでも、それを受け止めて消化できるだけの器ができていなければ、勉強をしている行為そのものも無意味になってしまうのです。

楽しくなければ勉強じゃない!

楽しくなければ勉強じゃない

脳で感じる学習をしている子どもは、学校の勉強も楽しくなります。私たちが行っているイメージトレーニングやアルファ脳波トレーニングによって、子どもたちは知らず知らずのうちに脳を上手に使って、自分なりの勉強のやり方がわかってきます。それがひいては、記憶力、集中力、発想力、精神コントロールなどの向上につながります。

スクールオブスクールズのモットーは「楽しくなければ勉強じゃない」です。お子さん一人ひとりに、どういうふうに学べば良いかを工夫し、自分の学習スタイルを確立して、学ぶ楽しさを知ってもらいたいと思います。

無料の個別説明会・体験授業を随時実施中! 0120-30-3992

  • このページの上部に戻る
Copyright © スクスクAll Rights Reserved.